BLOG

  • Hook

ウクレレ弾いた時の肩こりが無くなった

更新日:10月25日

先日のレッスンにて、ある生徒さんが『ウクレレ弾いた時の肩こりがなくなった!!』

と。


長年ウクレレ指導してる僕にも衝撃的な言葉でした。

僕は肩こりないので、その辺あまりわかってなかったんです。


今年の春、新しくスタートしたグループレッスンで肩こりについてアンケートとった所、新しくウクレレはじめた生徒さんの多くが『ウクレレ弾くと肩が凝る』と結果が出ました。


コレは何とかしないと!

⭕️ウクレレ=癒し・楽しい

ではなく

❌ウクレレ=肩こり・苦痛⤵️

これでは楽しめないぞ。


肩が凝る原因は、ウクレレ弾く時に力みすぎてる事です。

そこで、生徒さん達にストラップピンを付ける事を勧めました。


『肩こり解消方』はストラップピンの取付け方にありました。


ストラップピンの取付けは2パターンあります。


【パターン1】

ストラップピンをエンド部分(写真)1箇所に取り付けてる。

片方はストラップをヘッド部分にくくりつける。

楽器屋さんにウクレレ持って行くと、このパターンが大半です。


エンドピン

これでもストラップ無しよりは、遥かに楽になります。

しかし、これではまだ演奏時の安定感がイマイチです。

肩こりの原因=力みを取る事が出来てないようです。(アンケート結果より)


そこで

【パターン2】

さらにヒール部分(写真)にピンを取付けます。


ヒール部分

2箇所ストラップピンを取付けら事で手放しでも安定します。


プロのウクレレ奏者の大半もこのパターンですね!

手放しでも安定

こんな感じで安定感MAX!!

そして

夕日を浴びて

『フック黄昏れる』の巻


実際は、沈みかけの夕日の中セルフィーで焦ってるのが本音(笑)

・結論 『肩こり解消しましたー!!』

と、おっしゃられた生徒さんは、この【パターン2】の方法で取付けられたんです。

実際に【パターン1】も試されました結果、より脱力して演奏出来る【パターン2】を選択されました。


ちなみに、それを聞いた他の生徒さんもレッスン後に楽器屋直行でストラップ取り付けに行かれてました(笑)


次回レッスンで、その生徒さんにもレビューを聞いてみます。


ちなみにウクレレストラップ取付けは

ドルフィンギターズ江坂店

で、やってもらいました。 この記事が『良かった』って方はシェアして頂けると嬉しいです。

閲覧数あがるとブログ更新のヤル気につながります🤙 Change the world with four strings -Hook-


ウクレレ教室Happy Field】 【HOOK OFFICIAL WEBSITE】

【Twitter】 【Instagram】 【Facebook】


183回の閲覧4件のコメント

最新記事

すべて表示